現在の位置:トップページ > 園区記事

園区記事

開発区にて6ヶ企業が天津市第二期戦略性新興産業リーダ企業に入選

 9月4日、市人材オフィスより、《天津市第二期戦略性新興産業リーダ企業リスト》、武清区にて12ヶ企業が入選する、その中に6ヶ企業は武清区開発区企業である。

 開発区にて入選した企業は鉄科華鉄経緯(天津)通信技術会社、天津诺禾致源生物通信技術会社、信義ガラス(天津)会社、信義車部品(天津)会社、万可電子(天津)会社、麦格昆磁(天津)会社である。

 今まで、わが区にて17ヶ企業が“天津市第一期、第二期戦略性新興産業リーダ企業”に列し、開発区にて10ヶ企業が入選する。この前、天津红日薬業株式会社、天津南玻節能ガラス会社、天狮集团会社、三英精控(天津)器械設備会社、この四つの企業が“津市第一期戦略性新興産業リーダ企業”に入選する。

 これから、開発区は企業は元、人材を導くという理念を堅持し、より良いサービスを提供する。企業の心配を心掛け、人材の心配を心掛け、企業により良い育成環境を切り開くことに精一杯頑張る。

出所:武清開発区

リリースタイム:2018-09-20 09:15:32