現在の位置:トップページ > 園区記事

園区記事

武清への本格的な入居を果たす金思道生物ブランド

7月20日に、武清開発区企業天津吉諾沃生物科技有限公司(以下、「吉諾沃」という)は、韓国ToolGen社との戦略提携ブランド—金思道生物の契約締結活動は、武清開発区の本社で行われました。

吉諾沃は推進する、国内初のゲノムの編集技術を手段にする植物遺伝子プロジェクト会社です。これは、力強いテクノロジーイノベーション実力を生かして、国際トップレベルの植物ゲノムの編集プラットフォームを構築し、力強く遺伝子編集の我が国の農林産業での発展を推進し、トレンドをリードしています。また、会社の開放型植物ゲノムの編集プラットフォームは、国内外のシード会社、大学機構及び研究院・研究所のために、各種の遺伝子編集サービスを提供し、大いに我が国の農林産業の全体的科学研究レベルの底上げを実現できています。

今回の調印式は、吉諾沃韓国ToolGen社との本格的な戦略提携相互補完関係の確立を示し、吉諾沃植物がゲノムの編集側面での顕在化優位性と韓国ToolGen社が動物及び人のゲノムの編集側面での技術実力の融合を推進しています。双方の企業の責任者によると、金思道チームは、なおいっそう深くゲノムの編集技術の基礎研究及び実用管理、優位性相互補完を強化し、手を携えて、肩を並べ、イノベーション提携発展モデルで、遺伝子編集トレンドをリードし、パイオニアの学際科学研究成果を優良種の繁殖、タンパク質プロジェクト、遺伝子治療、バイオ医薬品などの分野に生かし、遺伝子テクノロジーの成果転化を推進し、遺伝子テクノロジーによる幸福を人類にもたらすことを実現します。

 

出所:武清開発区

リリースタイム:2018-07-31 14:15:55