現在の位置:トップページ > 園区記事

園区記事

米国金唯智遺伝子検定プロジェクトの開発区への導入

このほど、武清開発区が米国のGENEWIZ Inc(金唯智)と遺伝子検定プロジェクトについて、武清区行政センター会議ビルで調印式を行いました。このプロジェクトの投資総額が1500万元で、主に製薬工場と科学研究機構へ遺伝子シーケンシングサービスを提供するものです。このプロジェクトは、遺伝子シーケンシング産業の先導プロジェクトで、川下の供給業者は、殆ど良質な医療類プロジェクトです。2018の年間生産額が5000万元で、開発区のバイオ医薬産業の集積に対する良好な促進作用があります。

米国GENEWIZ Inc(金唯智)は、1999年に米国に設立され、会社の傘下にはADMERA(阿德美亜)とGENEWIZ(金唯智)という二つのブランドがあり、10年余りずっと遺伝子診断試薬の研究開発と生産に従事し、業界のリーデイングレベルを維持しています。

 

出所:武清開発区

リリースタイム:2017-07-20 11:24:25