重点投資区域

京津大学(武清)科技創新園

敷地面積が161ムーで、建築面積が11.5万平米で、発展の位置づけとして、北京・天津の大学と科学研究機構との産学研用の提携を強化することに立脚しながら、ハイテクプロジェクト研究開発プラットフォーム、ハイエンド産業孵化プラットフォーム、伝統産業グレードアッププラットフォーム、イノベーション成果転化プラットフォームとハイレベル人材の集積プラットフォームを建設します。

企業誘致成果:天大前沿院、南開大学、天津科技大学など。

03.jpg

高校园.jpg

出所:武清開発区

リリースタイム:2018-05-03 19:50:41