区域の優位性

区域の優位性

区位の独自な優位性で、北京・天津の間にあり、北京・天津・河北の協働発展における北京・天津都市主軸の中間節点に位置しています。北京の市街地まで71キロ、天津の市街地まで25キロ、北京首都国際空港まで90キロ、北京新国際空港まで45キロ、天津濱海国際空港まで35キロ、天津港まで71キロです。

交通体系が開放的で、便利で、周辺の10分間距離圏には北京・天津・塘沽、北京・天津、北京・上海、濱保などの高速道路が4本、高速道路インターチェンジが5か所あります。北京・天津都市間鉄道が停まる駅が1か所、京山鉄道の旅客輸送、貨物輸送駅が各1か所で、計画されている北京、天津地下鉄が武清まで接続します。103、104国道が区内を貫通し、武清で自主建設している九横九縦立体化交通網が四通八達します。

2.jpg

良好な自然生態系環境で、開発区は東が京杭大運河に隣接し、北には龍鳳新河、西には龍鳳河故道があり、真ん中には美しい白鳥の湖がちりばめられています。区内の緑化率が40%以上にも及んでおり、空気と水質が国家基準を上回っています。長年来、環境保全の基準を満たしていない企業が入居していません。

3.jpg

良質で高能率なサービス環境で、ずっと「他人にサービスすることは、自分を発展する」理念を則って、サービスで立脚し、サービスで勝負することを堅持し、開発区への「密閉型」管理を実施し、開発区行政サービスセンター、税関、検査検疫局と保税物流区が設置され、企業のために「ワンストップ式」行政事務、「一貫化」サービスを提供しています。金融、法律、財務などのビジネスサービス機構が整っており、特に普華永道、世邦魏理仕などの国際の有名な諮問機構と戦略的提携を確立し、企業のために政策、管理、プロジェクト、技術、金融、法律などのハイレベル諮問と教育訓練サービスを提供しています。

4.jpg

関連施設機能が整っており、インフラ施設が「十一通一平」を実現し、大型ビジネス事務ビル、星級ホテル、温泉マンション、高新マンション、国際学校、三甲病院、テーマパーク、アウトレット店などができています。

5.jpg

完備したテクノロジーイノベーション体系で、国家特許パイロット園区、国家知的財産権質入融資パイロット園区、天津市双創模範基地、天津市留学生創業園として認定されています。現在では、国家級科学研究院・所が30近く、企業、プロジェクト技術センター11か所、検査測定機構が5か所、国家級インキュベーター2か所、国際級衆創空間1か所、テクノロジー型中小企業が1000社余り、億元超企業が100社余り、市級以上のハイテク企業が80社あります。産業基金、融資プラットフォームなどの科学技術金融サービスが整っています。武清開発区ポスドク科学研究ワークステーション、院士ワークステーションと専門家サービス基地が建設できています。建設中の天獅国際大学、建設が計画されている国家大学イノベーション園区、ハイエンド人材、イノベーション人材の集積が加速化されています。

6.jpg

多重な政策の優位性の積み重ねで、入区企業が国家級ハイテク産業園区、国家級経済技術開発区、中国天津自由貿易試験区、天津国家自主イノベーション模範区、北京・天津・河北協働発展などの積み重ね政策を享受できる同時に、武清区の「六階層」人材導入、育成と奨励政策を享受でき、テクノロジー型中小企業の発展政策と天津市企業モデルチェンジ・グレードアップ、民営経済発展などの支援政策を推進しています。 

出所:武清開発区

リリースタイム:2017-07-25 15:58:44