現在の位置:トップページ > 概要

概要

開発区の概要

中国天津武清開発区が、1991年12月28日に設立され、国家級経済技術開発区と国家級ハイテク産業園区で、2014年末に天津国家自主イノベーション模範区中核区として編入されました。最近の計画面積が55平方キロで、そのうち、40平方キロがすでに建設できており、15平方キロが計画、開発中にあります。

修图-开发区.jpg

区位の独自な優位性で、北京・天津の間にあり、北京・天津・河北の協働発展における北京・天津都市主軸の中間節点に位置しています。北京の市街地まで71キロ、天津の市街地まで25キロ、北京首都国際空港まで90キロ、北京新国際空港まで45キロ、天津濱海国際空港まで35キロ、天津港まで71キロです、雄安新区まで100キロです。

交通体系が開放的で、便利で、周辺の10分間距離圏には北京・天津・塘沽、北京・天津、北京・上海、濱保などの高速道路が4本、高速道路インターチェンジが5か所あります。北京・天津都市間鉄道が停まる駅が1か所、京山鉄道の旅客輸送、貨物輸送駅が各1か所で、計画されている北京、天津地下鉄が武清まで接続します。103、104国道が区内を貫通し、武清で自主建設している九横九縦立体化交通網が四通八達します。

城区运河.jpg

良好な自然生態系環境で、開発区は東が京杭大運河に隣接し、北には龍鳳新河、西には龍鳳河故道があり、真ん中には美しい白鳥の湖がちりばめられています。区内の緑化率が40%以上にも及んでおり、空気と水質が国家基準を上回っています。長年来、環境保全の基準を満たしていない企業が入居していません。

良質で高能率なサービス環境で、ずっと「他人にサービスすることは、自分を発展する」理念を則って、サービスで立脚し、サービスで勝負することを堅持し、開発区行政サービスセンター、税関、検査検疫局と保税物流区が設置され、企業のために「ワンストップ式」行政事務、「一貫化」サービスを提供しています。金融、法律、財務などのビジネスサービス機構が整っており、企業のために政策、管理、プロジェクト、技術、金融、法律などのハイレベル諮問と教育訓練サービスを提供しています。

中央公园.jpg

関連施設機能が整っており、インフラ施設が「十一通一平」を実現し、大型ビジネス事務ビル、星級ホテル、温泉マンション、高新マンション、国際学校、三甲病院、テーマパーク、アウトレット店などができています。

完備したテクノロジーイノベーション体系で、国家特許パイロット園区、国家知的財産権質入融資パイロット園区、天津市双創模範基地、天津市留学生創業園として認定されています。現在では、国家級科学研究院・所が49近く、企業、プロジェクト技術センター11か所、検査測定機構が9か所、国家級インキュベーター6か所、国際級衆創空間1か所、テクノロジー型中小企業が1538社余り、億元超企業が124社り、市級以上のハイテク企業が70社あります。産業基金、融資プラットフォームなどの科学技術金融サービスが整っています。武清開発区ポスドク科学研究ワークステーション、院士ワークステーションと専門家サービス基地が建設できています。建設中の天獅国際大学、建設が計画されている国家大学イノベーション園区、ハイエンド人材、イノベーション人材の集積が加速化されています。

多重な政策の優位性の積み重ねで、入区企業が国家級ハイテク産業園区、国家級経済技術開発区、中国天津自由貿易試験区、天津国家自主イノベーション模範区、北京・天津・河北協働発展などの積み重ね政策を享受できる同時に、武清区の「六階層」人材導入、育成と奨励政策を享受でき、テクノロジー型中小企業の発展政策と天津市企業モデルチェンジ・グレードアップ、民営経済発展などの支援政策を推進しています。

建区以来、計投資額1182億元を導入し、そのうち外資系が57億米ドル以上で、50か国と地域の企業5305社りを導入し、そのうち世界上位500位投資企業が38社で、米国のエマーソン、アマゾン、デルファイ、フランスのソイス、カルフール、フォルシア、日本の東棉、住友、韓国のLG、シンガポールの豊樹、オーストラリアのウォーリー・パーソンズ、オーストリアのVAI、中国中糧、中交、国電投などが含まれています。デンマークのベストセラー、ダンフォス、Ailm、グルンドフォス、ドイツのGEA、マンカ、イギリスのハークネス、スウェーデンのダイナパック、ベルク、フィンランドのガラス石、スペインのGestamp、ベルギーのハーモン、フランスのクーン、米国のMagnequench、VEI、トルコの欧德亮法璽宝、チュニジアのコフィー・ケボ、韓国の日進などを含む外国の先導企業が100社余りがあり、天獅グループ、紅日薬業、諾禾致源、信義ガラス、娃哈哈ドリンク、伊利、奥克斯、暢聯などを含む国内の先導企業が120社余りがあります。

高級装備製造業、バイオ医薬、現代サービス業という三大主導産業の形成高級装備製造業は、知能製造、軌道交通、自動車及び部品、電子情報をメインにしており、バイオ医薬は、遺伝子シーケンシング、漢方薬粒子、医療機器、診断試薬をメインにしています。現代サービス業は、本部決済、金融ビジネス、研究開発転化、文化創意をメインにしています。

2017年の一般予算所得は、30.4億元で、工業総生産は565億元で、固定資産投資は299億元を完成し、税収所得は90億元を完成し、直接就職10万人の雇用創出を果たしました。

現在では、コラボイノベーション門戸、生態テクノロジー園区の作り上げを目標にし、発展の品質と効果の向上に力を入れ、3つの受け皿プラットフォームを作り上げていきます。

ビジネス部の投資促進局と共同で建設し、計画面積が5.5平方キロです。欧洲企業のために作り上げた発展プラットフォーム受け皿です。発展の位置づけとして、ハイエンド産業発展基地を建設し、主に高級装備製造業、バイオ医薬、新材料産業を発展します。現在では欧洲企業のためにカスタマイズした5万平米の環境保全型省エネ社屋と中欧園サービスセンターがすでに使用に投入し、今では環境保全型省エネ社屋の二期と生活付帯区の建設を予定しています。

計画面積が1.45平方キロで、6区域で、建築面積が120万平米です。主に金融ビジネス、研究開発転化、本部ビルと文化創意などの現代サービス業を発展し、武清開発区の機能環境を向上し、産業構造の調整・グレードアップを促進します。

計画面積平方キロ、建築面積600万平米。主に新世代情報技術、テクノロジー研究開発、文化創意、現代金融、ハイエンド商業貿易などの鮮明な特色のある現代サービス業を発展します。自主建設国際企業コミュニティの敷地面積は、300ムーで、建築面積は40万平米で、現在では一期の17万平米は既に落成し、操業開始しています。既に、国家住建部のグリーン建築三つ星級マーク認証(国内グリーン建築最高等級)を取得し、二期 23万平方メートル は建設中で2018年5月に竣工する見込みです。

出所:武清開発区

リリースタイム:2018-07-06 14:13:49