現在の位置:トップページ > 概要

概要

開発区の概要

中国天津武清開発区が、1991年に設立され、国家級経済技術開発区と国家級ハイテク産業園区で、2014年末に天津国家自主イノベーション模範区中核区として編入されました。武清開発区は、武清区の対外開放の窓口で、イノベーションをリードし、モデルチェンジをけん引し、発展の先導をサポートし。最近の計画面積が50平方キロで、そのうち、35平方キロがすでに建設できており、15平方キロが計画、開発中にあります。

1.jpg

中国天津武清開発区は、優れた交通の優位性に恵まれており、自然生態系環境が良好で、インフラ施設が整っており、テクノロジーイノベーション体系が完備で、ハイエンド製造、バイオ医薬と本部経済という三大主導産業が形成されました。現在では、コラボイノベーション門戸、生態テクノロジー園区の作り上げを目標にし、発展の品質と効果の向上に力を入れ、重点的に中欧産業園、起業本部拠点、北京・天津高校武清科技創新園等の3つの受け皿プラットフォームを作り上げていきます。

建区以来、計投資額1400億元を導入し、そのうち外資系が80億米ドル以上で、50か国と地域の企業2200社余りを導入し、そのうち世界上位500位投資企業が35社で、米国のエマーソン、アマゾン、デルファイ、フランスのソイス、カルフール、フォルシア、日本の東棉、住友、韓国のLG、シンガポールの豊樹、オーストラリアのウォーリー・パーソンズ、オーストリアのVAI、中国中糧、中交、国電投などが含まれています。デンマークのベストセラー、ダンフォス、Ailm、グルンドフォス、ドイツのGEA、マンカ、イギリスのハークネス、スウェーデンのダイナパック、ベルク、フィンランドのガラス石、スペインのGestamp、ベルギーのハーモン、フランスのクーン、米国のMagnequench、VEI、トルコの欧德亮法璽宝、チュニジアのコフィー・ケボ、韓国の日進などを含む外国の先導企業が100社余りがあり、天獅グループ、紅日薬業、諾禾致源、信義ガラス、娃哈哈ドリンク、伊利、奥克斯、暢聯などを含む国内の先導企業が100社余りがあります。

2016年に税収140億元を実現し、同期比の26%増で、一般予算収入が47億元で、同期比の29%増です。地域生産総額が491億元で、同期比の15%増です。工業生産総額が1459億元で、同期比の13%増です。固定資産投資額が238億元を完成しました。建区以来、累計して地域生産総額2491億元、税収763億元を実現し、直接雇用の12万人を吸収しました。

出所:武清開発区

リリースタイム:2017-07-25 16:32:39