現在の位置:トップページ > 武清に入る

武清に入る

天津市武清区の基本的事情

一、天津市武清区の概要と経済社会発展状況

武清は、西漢に建制され、古代での名称が泉州で、雍陽という別名もあり、唐天宝元年に武清と名称変更し、2000年6月に県を撤廃して区を設置し、予てから「北京・天津回廊」、「北京・天津真珠」などの美名があります。区域面積が1574平方キロで、永住者人口が118万人で、29の鎮・街を管轄しています。

2016年に、この区の地域生産総額が1144.99億元を実現し、11.5%が成長し、一般公共予算収入が126億元で、13%が成長し、税収で占める比率が70.8%で、固定資産投資額が1281.44億元で、10.7%が成長し、農村住民の人当たりの処分可能な収入が20361元で、8.9%成長し、全区の総合的実力が天津市の前位に据えています。

近年来、この区は、北京・天津の衛星都市、美しい新武清の目標位置づけに基づき、イノベーション発展を原動力にし、協調発展を方向性にし、グリーン発展を基調にし、開放発展の牽引のもので、発展の共有を根本にし、北京・天津の二都市の協働な発展を果たすハブ、ハイエンド製造研究開発と現代サービス業集積区、国家生態文明先行模範区の建設を加速化しています。

——潤沢な歴史文化の蓄積。全域を貫通している京杭大運河が世界の無形文化財遺産で、書画、大衆演芸、花大会、切り紙などの民間芸術が多彩で、書道巨匠の劉炳森、孫伯翔、竹製のカスタネットなどでリズムをとりながら語る語り物の巨匠の李潤傑、評劇の有名な女優の李金順などの多数の文化人と国学巨匠の張中行、中国科学院院士の謝家麟、「李氏太極」達人の李瑞東などの多数の業界エリートが輩出し、国家文化部で「中国書画芸術の故郷」と「中国民間文化芸術の故郷」と指定されました。

京杭大运河.jpg

——独自な地理的交通。武清は、北京・天津・河北の中核的区域に位置し、北京・天津の発展主軸における重要な場所です。市街地が北京の市街地まで71キロ、首都国際空港まで90キロ、首都第二空港まで45キロ、距津の市街地まで25キロ、天津濱海国際空港まで35キロ、天津港まで71キロです。北京・天津都市間鉄道がここで唯一な液を設置し、一日で23対の列車がここに停まり、北京・天津の30分間「同城化」(都市一体化)目標を実現できています。北京・天津塘、北京・天津、北京・上海、濱保、津保、津蓟などの6本の国家級基幹高速道路が全域を貫通し、15の高速道路インターチェンジが均一に分布し、域内の全部の村・街で15分間で乗車して高速道路のインターチェンジに到達できます。「九横九縦」基幹にする区域道路網が四通八達し、全区の道路網の密度が182.1キロ/百平方キロに及んでおり、全国の区県級域内の優位性が顕著なものです。

——住みやすい・起業しやすい生態系環境。武清の水が清らかで、土地が緑で、空が青いで、全区の林木被覆率が36.4%に及んでおり、今では国家一、二級河川が11本、万ムーの津北森林公園、大黄堡湿原自然保護区、北運河郊外公園、南湖緑博園、津渓桃源と玫瑰庄園などの生態景観逸品があり、近年来大いに「美しい武清•一号プロジェクト」を実施し、持続的に「四清一緑」行動を展開し、北運河、新龍河などの127キロの河川整備を完成し、工事現場の粉塵、わら焼き、農村散炭などの大気特定整備行動の展開を手配し、各年度の新規追加の造林が10万ムー以上で、第三回中国緑化博覧会の開催地で、全国初の生態文明先行模範区と全国緑化模範都市です。

大黄埔湿地.jpg

——持続的に開放に力を入れること。現在では、武清には既に国家級武清開発区を先導にする、武清ビジネス区、京濱工業園、北京・天津科技谷、電子商取引産業園、自動車産業園などの四つの市級模範工業園区、北京・天津高村科技創新園と自貿区武清園のサポートで、鎮街産業区を基礎とする開放格局が形成されています。全区では世界上位500位企業が40社近くがあり、業界先導企業が150社余りがあります。2016年に、全区では、払い込まれた資金導入が620億元で、プロジェクトが5318件導入され、その中で億元超プロジェクトが66件で、更に北京・天津・河北国家大学創新園区、北京漢氏聯合国際幹細胞産業基地、ベンツ部品などの首都プロジェクトが2092件あり、累計して着工額が5000万元以上の重大プロジェクトは、百件近くで、投資額10億元の紅日康仁堂漢方薬生産基地、22億元の中国鉄道科学研究院軌道交通産業基地プロジェクトが円滑に推進されています。

——産業構造の最適化・グレードアップ。第三次産業の構造の最適化が3.9:53.9:42.2です。大いにハイエンド製造業を発展し、全年度において規模以上の工業生産額が2452.6億元実現し、バイオ医薬、プラント製造、電子情報、新材料、自動車部品などの主導産業の比率が75.7%に及んでいます。ハイエンド商業貿易、電子商取引、リゾート・観光などの現代サービス業が活発に発展され、社会消費財小売額が440億元に及んでいます。電子商取引先導企業と関連プロジェクトが603社に及んでおり、年間売上高が2000億元を突破し、電子商取引産業園が、国家級電子商取引模範基地として指定されました。全年度に、観光客を延べ1660万人を受け入れ、観光収入を80億元実現し、全国リゾート農業と田舎部観光模範県称号を獲得しました。都市型農業発展レベルが絶えず上昇し、各年度で6万ムー以上の作付業構造調整プロジェクトを実施し、北国の春生態園、漢方薬園などの一部の農業模範プロジェクトを建設でき、農業関連先導企業と農業提携社が2000軒近くまで発展しました。

——大きな歩みを踏み出すイノベーション。大いに天津国家自主イノベーション模範区武清「1+3」分園建設を推進する。同済大学、北京理工大学などの80の大学・院・所と提携関係を開拓し、清華大学スマート自動車制御システム、北科大粉末新材料などのテクノロジー転化プロジェクトを92件導入し、テクノロジー型中小企業とテクノロジートップランナー企業がそれぞれ7948社、357社に及んでいます。団中央青年創業コミュニティが落成され、運用され、品格クリエイター坊、天賦前沿、易創空間が国家級衆創空間として指定され、全区での活躍しているクリエイターが900人余りに及んでおり、検討中のプロジェクトが200件余りに及んでいます。深くハイエンド人材「慧聚武清」プロジェクトと本土人材の育成の「鯤鵬プロジェクト」を実施し、北京通州、天津武清、河北廊坊人材一体化模範区の建設が全面的に推進され、ここ二年間で各種の人材を3100人余りを誘致し、そのうち修士大学院生と「副高」職名以上の人材が780人です。

——日進月歩な都市部・田舎部の姿。武清新城の建設の歩みが加速化され、重点片区の開発が深く推進され、文化センター图書館、博物館、映画館と体育センターなどの機能プロジェクトが建設でき、大光明商圈、城鉄商圈、保利商圈などの総合的商業センターが雛形を見せており、現代的中等都市の枠組みがほぼ形成されています。市級模範町建設が、前向きな進展を遂げており、崔黄口鎮が全国初の特色町建設のパイロット区域となっています。農村の住居環境が持続的に改善され、計98の市級文明生態村、109の美しい村があり、全ての村が清潔村の基準をクリアしています。コミュニティ建設管理レベルが絶えず上昇し、一部の美しいコミュニティが建設され、一部の老旧化コミュニティが改造されました。

——全面的に進歩している民生事業。各年度において、10側面、20項目の民衆に恩恵を与えるプロジェクトを実施し、80%以上の財政支出が民生事業に用いています。市民サービスビルが落成され、使用に投入されています。ここ二年間で新規追加した雇用が6.9万人で、負け組と生活が困難な民衆への保障基準が絶えず上昇し、都市部・田舎部の基本養老と医療保険が更に拡大されました。義務教育と高等学校の現代化建設が全面的に基準を満たし、楊村一中、英華国際学校、黒利伯瑞国際学校などのブランド学校が、北京・天津・河北に名を馳せています。区病院、漢方薬病院が三級病院まで昇格し、三級医療サービス体系の建設が深く推進されています。民衆文化祭の開催に成功し、第一陣の国家級文化消費パイロット都市に入選されました。全国文明市街地建設と農村精神文明建設模範点の建設が着実に推進され、市民の文明素養が絶えず上昇しています。全国の双擁(中国人民解放軍を 擁護し革命軍人の家族を優遇する。中国人民解放軍は政府を擁護し、人民を愛護する)模範町の建設の「六回チャンピオン」を実現しました。

武清文化公园.jpg

二、天津市武清区の体育事業の発展状況

近年来、武清区の体育施設が日増しに整備し、民衆体育が活発に展開され、競技体育の総合的実力が絶えず上昇し、ハイレベルの試合を行う能力と体育サービスレベルが顕著に増強され、全区の体育事業が健全で持続可能な発展を実現しました。

第十三回全国運動会が、今年で天津市で開催され、武清区が陸上競技マラソン、卓球、トライアスロンとマラソン水泳などの四項目の試合の開催を引き受け、現在では試合の諸準備作業が急ピッチで繰り広げられています。

五年連続して天津国際マラソン大会の開催、三年連続して環中国国際道路自転車試合の開催を引き受け、それぞれ全国水上マラソンチャンピオンズ、中欧プロ女史バレーボール対抗試合、国際搏撃対抗戦、卓球オールスター週末活動、自動車クロスカントリーチャレンジ試合、中国自動車フィールドクロスカントリーチャンピオン、香港・北京ラリー30周年記念試合などの国内外の大型体育試合の50回余りの開催に成功しました。

武清区には、計476か所のフィットネスクラブ、⒑の体育類社団組織、30の民営非企業事業者があり、社会体育指導員が1346名で、徐々に「政府で主導し、部門で協働し、社団組織で招集し、全社会の共同な参与」という全民のスポーツ発展の新たなレイアウトが形成されています。各年度に家庭趣味運動会、全民フィットネス展示大会、バスケットボール試合、卓球試合、バトミントン試合、天津体育舞踊公開試合などの民衆性体育活動30回余りの開催を手配し、体育社団、クラブでサッカーリーグ戦、バスケットボールリーグ戦、バトミントンリーグ戦、将棋月間試合などの民衆性体育試合を20回余り開催しました。

武清区はそれぞれ、チームを結成して全国少年陸上競技選手権大会、天津市中小学生運動会、天津市第十三回運動会、天津市青少年バスケットボール選手権大会、天津市青少年卓球選手権大会、天津市青少年テコンドー選手権大会、天津市青少年柔道選手権大会などの試合に参加し、総成績が天津市の各区の前位にランクインし、直近の五年来において、計市の体育学校へ優秀なアスリートを60人余りを送り出し、一級アスリート6人、二級アスリート180人を審査承認しました。

敷地面積が約2.6万平米の郊外公園健身園が使用に投入し、投資額1億元で、3本の、全長60キロ余りの自転車緑道を建設しました。各年度において、全区の村(街)健身広場、コミュニティ健身園のために健身施設100セット余りを新規建設し、更新し、健身施設の被覆率が97%に及んでいます。

出所:武清開発区

リリースタイム:2017-07-25 15:40:06