当前位置:トップページ > 区域概要
武清開発区

中国天津武清開発区が、1991年に設立され、国家級経済技術開発区と国家級ハイテク産業園区で、2014年末に天津国家自主イノベーション模範区中核区として編入されました。武清開発区は、武清区の対外開放の窓口で、イノベーションをリードし、モデルチェンジをけん引し、発展の先導をサポートし。最近の計画面積が50平方キロで、そのうち、35平方キロがすでに建設できており、15平方キロが計画、開発中にあります。

建区以来、計投資額1400億元を導入し、そのうち外資系が80億米ドル以上で、50か国と地域の企業2200社余りを導入し、そのうち世界上位500位投資企業が35社で、米国のエマーソン、アマゾン、デルファイ、フランスのソイス、カルフール、フォルシア、日本の東棉、住友、韓国のLG、シンガポールの豊樹...

詳細はこちら >>
12月28日に

国務院が中国天津新技術産業園区武清開発区の設立を承認し

6月23日に

定礎して建設を開始しました

6月に

天津市政府が武清経済開発区の設立を承認しました

12月30日に

国務院は武清経済開発区が国家級経済技術開発区までグレードアップすることを承認しました

12月に

国務院は、天津国家自主イノベーション模範区の建設に同意する回答をし、天津国家自主イノベーション模範区には

一期:1992年に

武清開発区一期7.4平方キロの建設を開始し、企業誘致しました

二期:2000年に

武清開発区二期7.6平方キロの建設を開始し、企業誘致しました

三期:2008年に

武清開発区第三期15平方キロの建設を開始し、全面的な企業誘致・建設を展開中

四期:2011年に

武清開発区第四期20平方キロの建設を開始しました

近期の計画面積が50平方キロで、既存の基礎に立脚しながら、整った機能のある科技新城、産業特色が突出している機能新区、高能率で規範化され、活気に満ち溢れる「双創」の楽園の作り上げに取り組んでいます。